福岡県立鞍手高等学校全日制課程

鞍手高校を目指す中学生のみなさんへ~大学に合格した先輩からのメッセージ

2015年12月15日更新

平成28年度国公立大学AO入試・推薦入試に合格した先輩からのメッセージです。

鞍手高校での生活がどのように次の進路へと繋がっていったのか読んでみてください。

 

山口大学人文学部合格
 普通科人間文科コース 吉峯 和奏 さん (直方第三中学校出身)

 私は鞍手高校で人間文科コースに所属しています。人間文科コースでは、裁判所や大学訪問などの校外研修や一つのテーマを決め一年を通してそのテーマを研究し8000字の論文をまとめる課題研究、ホームステイを含むシンガポール・マレーシアでの異文化交流(海外研修)など、このコースにしかない特色ある行事がたくさんあります。

 私は山口大学をAO入試(小論文と面接)で受験しましが、面接では特に自分にしか話せない貴重な体験をしたことが大きな強みになったと思います。8000字の論文は大変そうだと思うかもしれませんが、自分の関心のあることについて調べているとあっという間です。大学ではレポート課題が多いので、きっと自分の力になると思います。

 私は、課題研究で言葉について調べ、もっと学びたいと思ったことから山口大学の人文学部を志願しました。自分の興味の幅を広げる点でも人間文科コースで学んだことが志望校合格に繋がりました。

 

北九州市立大学地域創生学群地域創生学類合格
 普通科 重信 輝弥 君 (宮若市立宮田中学校・現 宮若市立宮若東中学校出身)

 私が今までの鞍高生活を振り返ってみて思うことは、鞍手高校は何事に対しても全力で取り組むことができる場所であるということです。勉強・部活・学校行事どれをとっても、先生方のサポート、また、仲間の助けがあるということです。私は野球部主将・運動会委員長を務めさせていただきましたが、どちらも自分一人では役割を果たすことができなかったと思います。先生方、仲間、地域の皆様の支えがあったからこそ全力で取り組むことができました。大学を受験するときも担任の先生をはじめ、多くの先生方が丁寧に指導してくださいました。

 私自身、様々なことに全力で取り組む中で多くのことを経験することができ、考え方や視野が広がったと実感しています。全力で頑張った先には成長した自分が必ず待っています。鞍手高校は全力になれる場所=成長できる場所です。ぜひ鞍手高校に入ってその成長を実感してほしいと思います。私は、鞍手高校で学んだことを活かして、大学で自分の夢を実現することができるように努力したいと思います。中学生の皆さん頑張ってください!

 

九州大学21世紀プログラム合格
 普通科 野中 勇佑 君 (飯塚市立頴田中学校・現 飯塚市立小中一貫校頴田校出身)

 私が第一志望大学に合格できた理由は、鞍手高校の何事にも挑戦できる環境で、勉学はもちろんのこと部活や生徒会・学校行事・校外活動に積極的に参加し様々な経験や知識を得たためです。

 私が鞍手高校に入学して間もないころは、将来の夢や目標は決まっていませんでした。しかし、高校一年生の時に九州大学(以下九大)のオープンキャンパスに参加しました。そこで、最先端の研究を行う大学生の姿に憧れて、九大で「ものづくり」をしたいと考えるようになり、九大の工学部に進学したいと考えるようになりました。その後、九大が行っている『ふくおか高校生知の創造塾』に二年連続で参加し、リーダーとして地球温暖化や原子力問題・グローバル化についての研究をしました。また、文芸部や郷土部に所属し、雑誌の作成や文化祭での展示・出し物を制作しました。それらの活動を通して、ただ科学技術を発展させるだけではなく、上手に文化と科学技術を融合させた未来を創りたいと考えはじめました。二度目の九大のオープンキャンパスで、社会を自分たちの手で変えようと活動している21世プログラムの先輩方と出会い、文理に関係なく工学部や経済学部などの研究を幅広く行える九大の21世紀プログラムに進学しようと決心しました。

 倍率の高さから本当に合格できるか不安になりあせることもありました。また、運動会の練習や放課後課外、そのあとに更に入試対策をするなど辛く投げ出そうとしたことが何度もありました。しかし、友達の励ましや頑張っている友達の姿を見て一生懸命に受験勉強と両立して頑張ったこと、また、先生方がどんなに忙しくても研究計画書の添削やご指導をしてくださったおかげで合格できました。

 私は挑戦することはきつくて辛いことですが、失敗しても成功してもそれまでの自分とは違う自分に出会える可能性を広げてくれるものだと思います。鞍手高校は、共に挑戦する友達やそれを支えてくれる先生がたくさんいる学校だと思います。皆さんもぜひ鞍手高校に入学して自分の可能性を広げてみませんか。

 

西南学院大学法学部法律学科合格
 普通科 栗田 渉平 君 (鞍手町立鞍手北中学校・現 鞍手町立鞍手中学校出身)

  鞍手高校は勉強だけでなく、部活や学校行事がとても充実しています。私はサッカー部で副キャプテンとしてチームを引っ張り、自分たちの代では3度県大会に出場しました。どの部活も限られた時間の中で日々努力しています。また、学校行事では大きく分けて鞍高祭・クラスマッチ・大運動会の3つがあり、行事においてほとんどが生徒中心で行われています。各学年2クラスずつをひとつにまとめた分団があり、他の分団と競い合いながら行事を行うのでとても盛り上がります。私は分団長として分団をまとめ、引っ張り、鞍手高校のリーダーとして活動しました。鞍手高校は人間的にも大きく成長できる場所です。鞍手高校を目指し頑張ってください。