福岡県立鞍手高等学校全日制課程

平成27年度創立記念式典・講演会

2015年05月11日更新

 平成27年4月17日(金)、本校体育館において創立記念式典並びに記念講演会を行いました。本年度は創立98年で、二年後に創立100周年を迎えます。記念講演会の前には、本校職員の諌山による校史講話があり、創立当時(大正時代)の直方の街の様子や近隣の産業、学校創立に至る経緯の他、昭和32年に起こった本校の火災にまつわるエピソードを写真を見ながら聴きました。

 記念講演会では、本校高校11回卒業で東京大学名誉教授の塩川光一郎氏をお迎えし、『現代生命科学の潮流と多様化する青春の門-クローン動物とiPS細胞と生命体であるヒトの「生きる」意味について-』と題して講演をしていただきました。先生が過ごされた幼少期や高校時代、大学を経て研究者として歩んできた自分の道をお話しされ、「自分で自分にふさわしい『青春の門』を見つけ、切り開いていってほしい」と訴えかけられました。
 先生は、本年度指定を受けた「スーパーグローバルハイスクール」(SGH)の本校の運営指導委員として関わっていただくことになっています。創立記念講演会・SGHに関する記事が4月23日(木)の西日本新聞朝刊に掲載されました。こちらをクリックしてください。