福岡県立鞍手高等学校全日制課程

SGH 第1学年現代社会探究 「まわしよみ新聞」の実施

2015年06月19日更新

6月16日(火)の6・7限に、西日本新聞社販売局企画開発部ニュースカフェ事務局より二島朋美さん(本校63期卒業生・人間文科コース12期生)を招いて、「まわしよみ新聞」を実施しました。

 まず始めにじっくりと新聞を読み、自分の興味のある記事を3つ切り抜きます。そして、4人1組のグループをつくり、それぞれが選んだ記事の内容と選んだ根拠について説明していきます。それぞれの記事に対して意見交換をした後、4人で協働作業を行い、1枚の画用紙に選んだ記事を貼り付け、編集していきます。最後にグループで作った壁新聞を全体に対してプレゼンテーションしました。
 この取組では、文章を読み、考える力だけでなく、相手に伝える力や要約する力が求められます。また、班員同士のコミュニケーションがうまくいかないと、作業が進みません。社会に対する関心も高まると同時に、これからのグローバル社会で求められる力について考える良い機会でもありました。