福岡県立鞍手高等学校全日制課程

SGH 1年生現代社会探究・全体講義

2015年06月03日更新

5月26日(火)、1年生(240名)を対象に「現代社会探究・全体講義」を実施しました。

SGH課の松本邦明教諭より、SGH事業の概要説明と、「何のために学ぶ?」という本質的な問いに対して、「個人思考」→「グループ思考」→「全体思考」という流れの中で考察する「協同学習」の形態を取りつつ、講義が展開されました。

 

生徒感想より(一部抜粋)

  • 今回の講義を受けて、SGHの活動を通して、もっと地域の問題や世界の問題について学びたいと思いました。私たちには「学べる」環境が当たり前にあるけれど、世界に目を向けるとそれが必ずしも当たり前ではないことを知りました。今ある環境の中で、自分が何のために学び、それをどのように活かすかについて、これからも考えていきたいと思いました。
  • 自分だけでなく、人数が増えると様々な意見が出るし、全体になれば、4人組で話し合った時とは全く違う意見が出るので、色々な意見を交換し合うことの面白さを感じた。自分とは別の意見を聞くことで、自分の中に別の視点が生まれ、物事について深く考えられるようになるので、このような機会はとても大切だと思った。