福岡県立鞍手高等学校全日制課程

創立百周年記念文化祭~第67回鞍高祭・展示の部(各部活動・生徒会企画)~

2017年06月16日更新

展示の部~生徒会企画

モザイクアート

今年は、本館と教室棟をつなぐ渡り廊下に掲げられました。

 

 

 

バザー(PTA共催)・募金

各展示ブースでの募金、学校家庭クラブや家庭科部・茶華道部の収益、また、これまで集めてきたアルミ缶リングプルの活動と合わせて、104,654円になりました。

先日、直方市長・日本赤十字社を通じて熊本・大分地震被災地復興支援義援金として寄付させていただきました。皆様のご協力、ありがとうございました。

 

創立百周年記念ブース

鞍高で語り継がれている歴史や時代に合わせて変わってきた校則の経緯などについて調べ、展示しました。

 

展示の部~各部活動

【美術部】
作品の展示や部誌の配布のほか、参加型企画として、それぞれ好きなように絵の具で塗っていき、絵を完成させました。

 

【書道部】

作品の展示、七夕飾り・しおりの制作

 

【文芸部】
部誌の販売や栞の製作をしました。また、鞍手高校同窓生である野見山朱鳥氏の俳誌「菜殻火」について紹介しました。

 

【家庭科部】

お菓子・炊き込みご飯の販売

 

【放送部】

アナウンス・朗読の発表、番組の放映

 

【茶華道部】

お茶会、フラワーアレンジメント体験、生け花の展示

百周年記念企画「古高取」陶芸体験を実施しました。直方発祥の「古高取」についての歴史を紹介し、部員自ら作製した焼き物を展示しました。

 

【SSH部】

実験ショー、実験体験コーナー、ペットボトルロケットを飛ばそう

 

【学校家庭クラブ】

鞍手高校オリジナルプラタナストレー・マグカップの販売、パンで作るマグネット製作体験を実施しました。

 

【吹奏楽部】

マーチング、ソロライブ

パレードでは、先頭を飾るバナー(横断幕)を初披露しました。