SSH課題研究講演会

公開日

7月20日(火)に福岡教育大学 理科教育ユニット(化学)の伊藤克治先生をお迎えし、1年生の理数科生徒を対象に課題研究の進め方について講演会をしていただきました。

今回の講演では、「常識にとらわれず、なぜ?を大事にし、身の回りを科学の目でみることで課題研究のテーマのヒントを得ることができる。」という話を、鉄道に関する技術開発の話や、科学者の実際の話を例に話して下さいました。

生徒の感想には「身近なものが大きな発明の元になっていることが知られてとても面白かった。」「身近なものに、なぜこうなるのだろう。と疑問を持てるようにしたい。」「二年生での課題研究が楽しみになった。」とありました。